マットレスは男女で最適な硬さが違う?

 

男の人と女の人で、最適なマットレスの硬さがあるのを知っていますか?体に合わないマットレスで寝ていると、起きた時に腰痛になったり、肩が凝ったり、疲れをとるはずの睡眠がよけい疲れをためてしまった…ということにもなりかねません。良質な睡眠をとるために、自分に合ったマットレスを選びましょう。
ベッドのマットレスには柔らかめ〜硬めまで様々なタイプがあります。一般的に男性は硬め、女性は柔らかめのほうが体にフィットして心地よく眠れます。
体感してみると寝心地が全然違うので、なるべく実際のマットレスに寝てみることをお勧めします。

 

2.マットレスに直接ボックスシーツをかけるのはNG?
マットレスにシーツをかけている人は多いと思いますが、寝ている間に人は大量の汗をかきます。
シーツだけだと汗はマットレスにも浸透してしまい、すぐにカビや雑菌が繁殖してしまいます。
必ずマットレスとシーツの間に汗取りベットパット、マットレスの下に除湿シートを敷いたりして汗や湿気がマットレスにたまらないようにしましょう。
マットレスは頻繁に買い替えるものではありません。できるだけ長く使いたいですよね?
汗取りベッドパットは定期的に洗濯し、しっかりと乾かして清潔な状態を保ちましょう。

 

3.マットレスの向きを変えて長持ち?
マットレスは買った時から敷きっぱなしという方も多いのではないでしょうか?
体の重みが毎日かかることで、マットレスのスプリングも一部には圧力がかかり、一部にはかからない状態というようにバランスが悪くなっていきます。
マットレスは数ヶ月に1度でも、上下表裏をひっくり返して使用することでマットレスがより長く快適に使えるようになります。
そのタイミングでしばらく壁などに立てかけておくことにより、マットレスの湿気も逃がしてくれるのでおすすめです。
体に合ったマットレスをきちんとメンテナンスしてあげることで、質の良い睡眠を取ることができます。ぐっすり眠って気持ちの良い朝を迎えましょう!